日本エストニア友好100周年を記念して、 大統領宮殿で国旗掲揚が行われました!

2021/1/26
セレモニーに臨む大統領と大使
国旗掲揚
今年、日本とエストニアは友好100周年を迎えました!
1918年に独立を宣言してソ連との間で独立戦争を戦ったエストニアは、1920年のタルトゥ条約により、独立を達成。
そして同年の1月26日、日本はエストニアを法律上の政府として承認したのです。
それから100年の歳月を経た今年の1月26日午前11時半、カリユライド大統領が北岡大使を大統領宮殿(カドリオルグ)に招待し、国旗掲揚のセレモニーを行って下さいました。
雪の降る中、宮殿の前庭で、両国の国家が演奏されて国旗が掲揚。
その後大統領と大使はテントの中で、100年の長きにわたって続いた両国の友好関係を心より祝い、大使は大統領に、エストニア側がデザインした100周年を記念するピンバッジを手交。
奇しくもこの日の朝、エストニアでは新しい内閣が発足しました。
大統領と大使は、100周年をきっかけにして、新内閣のもとで両国間の関係を一層高めることで合意しました。
100周年をともに祝う大統領と大使
100周年記念ピンバッジ 100周年記念ピンバッジ